スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の境界(上)

空の境界のアニメを見たので小説も読んでみた。
やっぱいいね。「ライトノベル」が軽いどうでもいい文章であるってのは間違った認識だ。

以下概要

第一章 俯瞰風景 Thanatos.
1998年8月、観布子市では少女による飛び降り自殺が多発していた。自殺した少女たちの関連性は不明で、場所は決まって巫条ビルという取り壊しの決まった高層ビルだった。両儀式はその巫条ビルの上空に浮遊する少女たちを目撃する。そんな中、式の友人である黒桐幹也が巫条ビルに近付いたのを機に昏睡状態に陥ってしまう。暦が9月に差し掛かろうとする頃、式は幹也を取り戻すため、夜の巫条ビルに赴く。

第二章 殺人考察(前) ……and nothing heart.
1995年3月、黒桐幹也は街で一人の少女と出会った。透徹した、不思議な眼差しを持った少女に幹也は一目で心を奪われてしまう。翌4月、観上高等学園の入学式で幹也はその少女と再会する。少女は「両儀式」と名乗り、人を寄せ付けない性格であったが、幹也には少しずつ心を開いていく。ある日、幹也は式のもう一つの人格である「織」と面識を持つ事になる。自分は殺人者だと言う織に戸惑う幹也。そんな中、観布子市内では連続猟奇殺人事件が発生し、街は重苦しい雰囲気に包まれていた。

第三章 痛覚残留 ever cry, never life.
1998年7月、複数の捻じ切られたような変死体が見つかるという、人間の仕業とは思えない猟奇殺人事件が発生する。そんな中、工房「伽藍の堂」の所長である蒼崎橙子に一件の依頼が飛び込んできた。依頼内容は事件の犯人の保護、あるいは殺害。犯人の名前は浅上藤乃。殺された被害者たちに陵辱されていた少女だった。両儀式は藤乃の暴走を止めるため、行動を開始する。


アマゾンのレビュー見てると、文章がなってないとかよく書かれているけど、論点はそこじゃないね。
文章が正しく書かれているかなんてどうでもいいんだよ。この小説の世界観をどう表現するか。そっちのほうが大事じゃないか。
この中二病な文章を楽しめないなんて人生損してるね。
「正しい」文章が読みたいなら評論でも読んでいればいいさ。



空の境界(上) (講談社文庫)空の境界(上) (講談社文庫)
(2007/11/15)
奈須 きのこ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

最近読んだ小説

空の境界(上) (講談社文庫)

声の網 (角川文庫)

私自身の見えない徴 (角川文庫)

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)
最近読んだ新書

ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学 (ハヤカワ新書juice)

日本経済「余命3年」 <徹底討論>財政危機をどう乗り越えるか

最高齢プロフェッショナルの教え

こう考えれば、うまくいく。

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか
最近見た動画

ちはやふる Vol.1 [Blu-ray]

CLANNAD 6 (初回限定版) [DVD]

天地無用! 魎皇鬼 OVA 〈期間限定生産〉 [DVD]

鉄腕バーディー DECODE 5 【完全生産限定版】 [DVD]

神秘の世界エルハザード OVA1&2 〈期間限定生産〉 [DVD]

それでも町は廻っている 1 [Blu-ray]

Social Network

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
☆.。.:*・゜ ゚+。
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。