スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私自身の見えない徴

面白い感覚。現実の捉え方がおそらく少し変わっててそれが面白い。普通の人が現実をどう捉えているかなんて私にはわからないんだけど、少なくとも私の感覚とは違うな。

以下概要

深々と、胸をつく言葉たち。涙がこぼれそうな、切なさ。
「それまで語られてきたモノクロームの物語が、晴れやかなまでの明るさと色彩を取り戻す最終章で、この小説は意外なほど美しく幸福な表情を浮かべるのである」―豊崎由美(書評家)
10歳の誕生日、父が原因不明の病気のになり、モナは「止めること」をはじめた。
大好きなピアノも、得意だった陸上も、デザートも映画も、卵入りのサラダも何もかも。
止められなかったのは、木をノックすること、それから数学。リズミカルにノックしながら、無限に数える。それがモナの愛。モナの全て。
20歳を迎えたモナは、ある町の小学校で逃げ出した先生の代わりに算数を教えはじめる。
理解不能、個性ばらばら、手に負えない子どもたち。閉じていたモナの宇宙が、否応なしに開かれたゆく。
―算数なんてきらい!でも、ほら、みつけて。数は世界にあふれてる。数ってこんなに愛しい。人ってこんなに愛しい。
短篇集『燃えるスカートの少女』で此類なく美しく切ない世界を描き出したエイミー・ベンダー。より深く、より鮮やかに物語を紡ぐ、待望の初長編。


おそらく主人公は共感覚の持ち主かもしれないね。
この小説からは少女的な淡く切ない感じがした。


私自身の見えない徴 (角川文庫)私自身の見えない徴 (角川文庫)
(2010/04/24)
エイミー・ベンダー

商品詳細を見る

テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

最近読んだ小説

空の境界(上) (講談社文庫)

声の網 (角川文庫)

私自身の見えない徴 (角川文庫)

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)
最近読んだ新書

ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学 (ハヤカワ新書juice)

日本経済「余命3年」 <徹底討論>財政危機をどう乗り越えるか

最高齢プロフェッショナルの教え

こう考えれば、うまくいく。

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか
最近見た動画

ちはやふる Vol.1 [Blu-ray]

CLANNAD 6 (初回限定版) [DVD]

天地無用! 魎皇鬼 OVA 〈期間限定生産〉 [DVD]

鉄腕バーディー DECODE 5 【完全生産限定版】 [DVD]

神秘の世界エルハザード OVA1&2 〈期間限定生産〉 [DVD]

それでも町は廻っている 1 [Blu-ray]

Social Network

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
☆.。.:*・゜ ゚+。
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。