スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の境界(上)

空の境界のアニメを見たので小説も読んでみた。
やっぱいいね。「ライトノベル」が軽いどうでもいい文章であるってのは間違った認識だ。

以下概要

第一章 俯瞰風景 Thanatos.
1998年8月、観布子市では少女による飛び降り自殺が多発していた。自殺した少女たちの関連性は不明で、場所は決まって巫条ビルという取り壊しの決まった高層ビルだった。両儀式はその巫条ビルの上空に浮遊する少女たちを目撃する。そんな中、式の友人である黒桐幹也が巫条ビルに近付いたのを機に昏睡状態に陥ってしまう。暦が9月に差し掛かろうとする頃、式は幹也を取り戻すため、夜の巫条ビルに赴く。

第二章 殺人考察(前) ……and nothing heart.
1995年3月、黒桐幹也は街で一人の少女と出会った。透徹した、不思議な眼差しを持った少女に幹也は一目で心を奪われてしまう。翌4月、観上高等学園の入学式で幹也はその少女と再会する。少女は「両儀式」と名乗り、人を寄せ付けない性格であったが、幹也には少しずつ心を開いていく。ある日、幹也は式のもう一つの人格である「織」と面識を持つ事になる。自分は殺人者だと言う織に戸惑う幹也。そんな中、観布子市内では連続猟奇殺人事件が発生し、街は重苦しい雰囲気に包まれていた。

第三章 痛覚残留 ever cry, never life.
1998年7月、複数の捻じ切られたような変死体が見つかるという、人間の仕業とは思えない猟奇殺人事件が発生する。そんな中、工房「伽藍の堂」の所長である蒼崎橙子に一件の依頼が飛び込んできた。依頼内容は事件の犯人の保護、あるいは殺害。犯人の名前は浅上藤乃。殺された被害者たちに陵辱されていた少女だった。両儀式は藤乃の暴走を止めるため、行動を開始する。


アマゾンのレビュー見てると、文章がなってないとかよく書かれているけど、論点はそこじゃないね。
文章が正しく書かれているかなんてどうでもいいんだよ。この小説の世界観をどう表現するか。そっちのほうが大事じゃないか。
この中二病な文章を楽しめないなんて人生損してるね。
「正しい」文章が読みたいなら評論でも読んでいればいいさ。



空の境界(上) (講談社文庫)空の境界(上) (講談社文庫)
(2007/11/15)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

声の網

GOST IN THE SHELLよりも先駆者がいたとは思わなかった。
もっともこのアイディアは当時他にもあったらしいけど。

以下概要

電話に聞けば、完璧な商品説明にセールストーク、お金の払い込みに秘密の相談、ジュークボックスに診療サービス、なんでもできる。便利な便利な電話網。ある日、メロン・マンション一階の民芸品店に電話があった。「お知らせする。まもなく、そちらの店に強盗が入る…」そしてそのとおりに、強盗は訪れた!12の物語で明かされる電話の秘密とは。


悪意はまったくなくて、純粋に人間のためってところが妙に悲しいよね。


声の網 (角川文庫)声の網 (角川文庫)
(2006/01/25)
星 新一

商品詳細を見る

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

私自身の見えない徴

面白い感覚。現実の捉え方がおそらく少し変わっててそれが面白い。普通の人が現実をどう捉えているかなんて私にはわからないんだけど、少なくとも私の感覚とは違うな。

以下概要

深々と、胸をつく言葉たち。涙がこぼれそうな、切なさ。
「それまで語られてきたモノクロームの物語が、晴れやかなまでの明るさと色彩を取り戻す最終章で、この小説は意外なほど美しく幸福な表情を浮かべるのである」―豊崎由美(書評家)
10歳の誕生日、父が原因不明の病気のになり、モナは「止めること」をはじめた。
大好きなピアノも、得意だった陸上も、デザートも映画も、卵入りのサラダも何もかも。
止められなかったのは、木をノックすること、それから数学。リズミカルにノックしながら、無限に数える。それがモナの愛。モナの全て。
20歳を迎えたモナは、ある町の小学校で逃げ出した先生の代わりに算数を教えはじめる。
理解不能、個性ばらばら、手に負えない子どもたち。閉じていたモナの宇宙が、否応なしに開かれたゆく。
―算数なんてきらい!でも、ほら、みつけて。数は世界にあふれてる。数ってこんなに愛しい。人ってこんなに愛しい。
短篇集『燃えるスカートの少女』で此類なく美しく切ない世界を描き出したエイミー・ベンダー。より深く、より鮮やかに物語を紡ぐ、待望の初長編。


おそらく主人公は共感覚の持ち主かもしれないね。
この小説からは少女的な淡く切ない感じがした。


私自身の見えない徴 (角川文庫)私自身の見えない徴 (角川文庫)
(2010/04/24)
エイミー・ベンダー

商品詳細を見る

テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

どんどん橋、落ちた

会社の隣の人から借りてきたシリーズ第2弾
借りたのはやっぱりミステリー。
題名は、どんどん橋、落ちた

以下概要

ミステリ作家・綾辻行人に持ち込まれる一筋縄では解けない難事件の数々。崩落した“どんどん橋”の向こう側で、殺しはいかにして行われたのか?表題作「どんどん橋、落ちた」や、明るく平和なはずのあの一家に不幸が訪れ、悲劇的な結末に言葉を失う「伊園家の崩壊」など、五つの超難問“犯人当て”作品集。


思ったんだけど、ミステリ小説家ってプログラマに通じるところがあるのかもしれないと思った。
ちなみに私はプログラマ。

登場人物(変数)がいて物語やトリック(メソッド)がある。
そして小説家はそれを文章(コーディング)として構成する。
いかにこれらを美しく構成するか。
コナンのハチャメチャ展開に飽きちゃったら、
こういった美しい構成を見るのもいいかもね。

私は、あんま頭つかう文章みるの嫌だけどw


どんどん橋、落ちた (講談社文庫)どんどん橋、落ちた (講談社文庫)
(2002/10/04)
綾辻 行人

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

チャットの感じがグッド ー 密室殺人ゲーム王手飛車取り

久しぶりにミステリー読んだ。

仕事の隣の人がミステリー好きらしくて
本を貸してもらった。

もっと持ってきてくれるとのこと。
ありがたや~

概要


“頭狂人”“044APD”“aXe”“ザンギャ君”“伴道全教授”。奇妙なニックネームをもつ5人がインターネット上で殺人推理ゲームの出題をしあっている。密室、アリバイ崩し、ダイイングメッセージ、犯人当てなどなど。ただし、ここで語られる殺人はすべて、現実に発生していた。出題者の手で実行ずみなのである…。茫然自失のラストまでページをめくる手がとまらない、歌野本格の粋。



1988年くらいに話を思いついたらしいんだけど、
「いや、こんな殺人ねたとしてもありえねーよ」ってことで封印していたものらしい。

だけど、昨今はあり得ないこともなくなったんじゃね?
ということで今作を発表したらしい。
神戸の事件とかね。。。

チャットの雰囲気が好きだったな。
私、実際のところトリックとかどうでもよかったりするw


密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社ノベルス)密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社ノベルス)
(2007/01/12)
歌野 晶午

商品詳細を見る
最近読んだ小説

空の境界(上) (講談社文庫)

声の網 (角川文庫)

私自身の見えない徴 (角川文庫)

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)
最近読んだ新書

ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学 (ハヤカワ新書juice)

日本経済「余命3年」 <徹底討論>財政危機をどう乗り越えるか

最高齢プロフェッショナルの教え

こう考えれば、うまくいく。

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか
最近見た動画

ちはやふる Vol.1 [Blu-ray]

CLANNAD 6 (初回限定版) [DVD]

天地無用! 魎皇鬼 OVA 〈期間限定生産〉 [DVD]

鉄腕バーディー DECODE 5 【完全生産限定版】 [DVD]

神秘の世界エルハザード OVA1&2 〈期間限定生産〉 [DVD]

それでも町は廻っている 1 [Blu-ray]

Social Network

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
☆.。.:*・゜ ゚+。
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。